高熱
未分類

インフルエンザ予防!日頃やっておくべきことは?

2018年11月10日

インフルエンザの症状を確認!

空気が乾燥する冬の時期になると感染症にかかりやすくなります。
冬の感染症の代表格としてインフルエンザがあります。

毎年12月頃から流行し始め、3月頃まで流行が続きます。
1~2月頃に流行のピークを迎えて猛威を振るい学校閉鎖になる学校も全国各地に数多く存在します。

毎年感染してしまい悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
普通の風邪とは異なり、急に高熱が出たり悪寒がしたり関節痛が生じたりなどつらい症状が出てしまいます。

くしゃみや咳や喉の痛みや鼻詰まりなどの症状は風邪と共通しているので、風邪だと勘違いして病院を受診せずに普通に過ごしてしまう人もいます。
それが流行に拍車をかけてしまいますので、各々が高い意識を持って感染しないように努力する必要があります。

感染して1~2日程度の潜伏期間を経て発症する

感染してしまった場合は、速やかに病院を受診して検査と治療を受けることが大切です。
インフルエンザは感染して1~2日程度の潜伏期間を経て発症し高熱などの症状が出始めます。

この潜伏期間もとても厄介で、長い人だと1週間くらいの潜伏期間がある人もあります。
インフルエンザのウイルスは感染力が強いので、潜伏期間でも誰かにうつしてしまう可能性が高いです。
ですので、徹底的な予防をして自分で自分を守ることが有効な手段となります。

インフルエンザを予防するために日頃からやっておくべきことについてですが、まずは流行する前に予防接種を受けることが大切です。
家族と同居している場合は誰かが感染するとあっという間に家族全員にうつってしまいますので、積極的に予防接種をうけて家族にうつしてしまうリスクを取り除きましょう。

子どもや高齢者は重症化しやすいですので、小さな子どもやお年寄りと暮らしている人はとくに注意が必要です。

免疫力をアップさせるためのポイントを整理

予防接種を受けたからといって油断してはいけません。感染力がとにかく強いウイルスですので、ウイルスに負けない体をつくるために免疫力をアップさせることも重要なポイントとなります。

免疫力をアップさせるために積極的にやるべきこととしては、

  • 野菜や果物や肉類や魚介類や乳製品や大豆製品や海藻類やキノコ類やイモ類などの食べ物をなるべく種類豊富にまんべんなく食べてビタミンや食物繊維やタンパク質やミネラルなどの栄養をしっかりとバランス良く摂取する
  • 腸内環境の乱れも免疫力の低下につながるので乳酸菌やオリゴ糖やビフィズス菌などを積極的に摂取して腸内環境を改善させる
  • 体温が低下すると免疫力も低下するので生姜やニンニクやネギやニラやニンジンやレンコンやゴボウなどを食べて体を内側から温めたり防寒対策を徹底したりぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を芯から温めたりして体が冷えないようにする
  • 睡眠不足も免疫力低下につながるので早めの就寝を心がけて睡眠をしっかりととる
  • 筋トレやウォーキングやジョギングやストレッチや体操などの適度な運動を日常生活の中に取り入れて代謝を高める
  • 1日3食しっかりと食事をとったり早寝早起きを心がけたりして規則正しい生活リズムを意識する
  • 疲労やストレスをなるべく溜めこまないようにする
  • などがあります。

日頃から健康的で規則正しい生活を送って免疫力を高めておけばウイルスに負けない強い体になれます。
免疫力アップにプラスして、手洗いうがいを徹底的に行ったりマスクを着用したり加湿器で空気の乾燥を防いだり除菌や抗菌や殺菌に対する意識を高めたりなどの物理的な対策も積極的に行う必要があります。

インフルエンザが流行している期間中はなるべく人混みに行かないというのも有効な手段です。
健康的で規則正しい生活を心がけて免疫力を高めておけば、インフルエンザだけではなくノロウイルスや風邪などにも感染しにくくなります。
積極的な対策に努めて冬を乗り切りましょう。